40代バツイチ子持ちの再婚は難しい?どんな結婚相手を選べばいい?

40代でバツイチ子持ちの人でこんな悩みを抱えていないでしょうか?

「子供に手がかからなくなってきたから再婚を考えたいな」

「誰かと一緒に支え合いたい」

「老後を考えると一人は寂しい」

など。

ここでは、40代バツイチ子持ちの人の再婚するのは難しいの?再婚する方法やどんなお相手を選べば良いのかを解説しています。

【再婚率】40代は初婚より再婚はしやすい

40代でバツイチ子持ちで再婚できるの?と心配する人もいるでしょうが、実際には再婚はしやすいです。

上記の5年以内に再婚している40代の男女を見てみると、40代前半では男性24.0%、女性16.5%、40代後半では男性20.8%、女性14.2%です。

40代初婚は5%以下ですので、40代で再婚している人の割合は高いことがわかります。

ただし、上記の表は子供の有無を除いての統計ですので、子供がいる方の再婚のしやすさは下の表を参考にしてください。

日本結婚相談所連盟(IBJ)成婚白書2021年版

上記の表をみると、男女とも再婚はしやすいようです。(100%を普通、平均的としている)

また子供の有無に関しては、特に男性ですと子供の同居、別居に関わらず子供なしよりも成婚しています。

40代バツイチ子持ちの再婚が難しい理由

40代バツイチ子持ちの人の再婚が難しいと言われる理由をみていきます。

再婚するにあたってどんな困難があるかを知っていれば対策を打ちやすくなります。

離婚のトラウマや未練

再婚するにあたっては、離婚の傷やトラウマ、前妻や子供への未練など精神的な不安が再婚活を難しくさせます。

お金の問題

独身とは違い再婚するとなるとお金の問題がネックになることが多いです。

男性ですと子供と別居している人が多いので養育費や家を購入しているとローンの支払いなどでお金の面で女性を不安にさせてしまうことがあります。

子供との関係

男性では子供との定期的な面会、あるいは子供となかなか会えないなどの問題を抱えていたり、別居で暮らす子供を想うと再婚に踏み切れない人もいるでしょう。

女性では新しいパートナーが子供と仲良くできるかなどの心配もあるでしょう。

40代ですと思春期の子供を持つ親である人が多いでしょうから、子供と将来や新しいパートナーとの関係は慎重になりますよね。

親の反対

再婚するとなると、一度結婚生活を失敗しているため周りから「大丈夫?」と心配されることもあります。

特に親には離婚の時に迷惑をかけた人も多いでしょう。

親が再婚相手を認めてくれないなど、周りから再婚を受け入れてもらえないこともあります。

40代バツイチ子持ちが再婚する方法

40代バツイチ子持ちの人が再婚する方法をみていきましょう。

離婚問題をクリアにしておく

前妻への未練が残っていたり、子供と会えない、養育費でお金の心配があるなど不安が残ったまま再婚活を始めてしまうと、お相手に自信がないように映ったり、再婚したとしても課題を増やして結婚生活がまたうまくいかない事態にもなり得ます。

離婚の傷やトラウマ、前妻や子供への未練、あるいは子供との面会、養育費、住宅ローンなど離婚の問題は必ずクリアにしておき、自信を持って再婚活に臨めるようにしておきましょう。

離婚理由と今後の対策を説明できるようにしておく

特に女性は男性の離婚理由を気にする人が多いです。

なぜなら不倫や借金、DVなどで離婚した男性を女性が最も警戒するからです。

性格の不一致が最も多い離婚理由ではありますが、どんなことがあって離婚したのか簡潔に説明できるようにしておきましょう。

具体的に長々と説明しないこと、相手が100%悪い(例えば不倫された)場合であっても相手のせいにしないようにしましょう。

「なんか愚痴っぽいな」「その人を選んだのはあなたでしょ?それについてはどう考えているの?」などと思われて印象が悪くなってしまいます。

離婚理由だけを説明するのは良くありません。

  • 自分の何が悪かったのか?
  • 何に気を付けるべきだったのか?
  • どのように改善に努めて次に活かすのか?

を離婚理由と合わせて今後の対策を説明できるようにしておきましょう。

再婚後の生活を具体的にイメージする

結婚生活や離婚の反省を再婚に活かして、

  • 結婚するとどんな生活がしたいのか
  • 好きなこと
  • 嫌なこと
  • 子供を作るのか

など再婚前にお相手とよく話し合っておきましょう。

子供を作るにしても男女どちらも40代を過ぎると子供はできづらくなります。

再婚前にブライダルチェックをしたり、あるいは子供にはこだわらないなど柔軟な考えも必要です。

再婚と子供の将来両方を考える

40代になると子供が大きくなって手がかからなくなったり、その分学費がかかったり子供の将来も考えるようになります。

再婚することでパートナーと一緒に子供を支え合えるようにもなれば、パートナーを扶養などで養い負担が増すこともあります。

再婚と子供の将来、両方をバランスよくこなせるようにしておくことが大切です。

親や周りの人に納得してもらう

お相手の離婚理由、子供やお金のこと、どんな結婚生活を送るのか(仕事や住む場所など)を親にも説明して安心してもらうようにしましょう。

もし再婚に不安が残る人は親の意見も参考にしつつ、焦らず再婚に向けて準備をしていきましょう。

40代になると親も70代前後になりますので、子供のその後を心配する人もいるでしょうから、親を安心させてあげることも大切です。

40代バツイチ子持ちはどんな結婚相手を選べばいい?

40代バツイチの人はどんな人を再婚相手に選ぶのが良いのかみていきましょう。

同年代のバツイチの人

40代バツイチ子持ちの人は、同年代の人との相性が良いです。

中でも同じ境遇のバツイチ子持ち40代が相性が良いです。

結婚生活や子育て、そして離婚は大変なことですので同じ境遇の人とは分かり合えることが多いです。

また、40代ですと新しいパートナーとの子供にはこだわらない人や新しい子供にはこだわらず連れ子と仲良く過ごすことを考える人も増えてくる年齢ですので再婚相手に向いています。

離婚を受け入れてくれる人

子供がいても離婚するのは簡単なことではありません。

できれば子供のためにも離婚しない選択ができれば良かったでしょう。それでも離婚した方が子供や夫婦のために良いと判断したから離婚しているのです。

離婚の辛さを理解し合える、あるいは理解しようとする人とでないと再婚相手としては相応しくないでしょう。

離婚していることを受け入れてもらいやすいのは、

  • 同じバツイチ子持ちの人(子供なしのバツイチ)
  • 家族に離婚歴がある人
  • 辛い経験をしてきた人
  • 誰もが認める異性以外の人

などです。

子供がいることを受け入れてくれる人

「子供のいる人とは絶対に結婚できない」という人もいます。

また、初婚の女性でもバツイチ子持ちの男性と付き合っていて、前妻やその子供と定期的に会うのが辛い、養育費が別居の子供にいくのが納得がいかないと不満を持つ人もいます。

また、同居の連れ子がいるお相手ですと、連れ子と仲良くできないという人もいます。

バツイチ子持ちですと、子供との面会や養育費、再婚すれば連れ子と一緒に住むなどの課題は必ず生じます。その課題を受け入れられる人であれば再婚相手としては良いでしょう。

子供を強く望まない人

40代になると子供を希望するのは難しいかもしれません。

子供ができるかは女性だけでなく男性の年齢が高くなるほどできづらい傾向にあります。

どうしても子供が欲しいという人と再婚すると、「子供ができなかったから離婚したい」なんて言われても困りますよね。

40代で一度結婚して子供もいる人は、新しく子供を作ったり負担を増やすよりも、今ある中でこれからどう生きていくかを考えた方が幸せかもしれません。

40代バツイチ子持ちの再婚で結婚相談所がおすすめの人

40代バツイチ子持ちの人が再婚しようと考えている人で結婚相談所がおすすめの人とみていきます。

再婚する気がある人

バツイチでしかも子供もいて40代になっているから、「もう結婚はいいかな・・・」「子供のことを考えると結婚はできない」など再婚する気がない人は、結婚相談所よりもマッチングアプリの方が向いているでしょう。

再婚する気のある人は、結婚相談所がおすすめです。

子供がいて再婚に対しても心配や不安があるでしょうから、カウンセラーのいる結婚相談所で相談しながら進めるのが良いでしょう。

また、結婚相談所は結婚を真剣に考えている人が集まっている出会いの場ですので、付き合ったけれどお相手に結婚の意思がなかったなどといって時間を無駄にすることも少なくなります。

 

高年収の男性なら結婚相談所が良い

日本結婚相談所連盟(IBJ)成婚白書2021年版

上の表は、結婚相談所連盟(IBJ)成婚白書2021年版です。

男性の年収と年齢で成婚のしやすさをみています。(100%が普通、平均的)

年齢が高くなると成婚しづらいのですが、年収が高くなると男性は成婚しやすい傾向にあります。

つまり、年収に自信のある男性で再婚を考えている人は結婚相談所がおすすめです。

逆にマッチングアプリですと年収などごまかしが効くため、メッセージのやり取りなど自分でアプローチしていく方法が向いています。

早く再婚したい人

40代ですと子供を作ることにこだわりを持たない方が良いとはいえ、40代でも子供ができている人もいます。

もしかすると、40代は子供を望む人にとっては最後のチャンスかもしれません。

子供を望むなら再婚は早い方がいいですし、子供を望まないにしても若い方が再婚はしやすく、年齢を重ねると男女とも婚活が長引いてしまうため、早く再婚した人は結婚相談所がおすすめです。

以下の表は、日本結婚相談所連盟(IBJ)で成婚した男女の婚活状況を示しています。

年齢を重ねると男女とも在籍日数や交際期間、お見合い数など婚活が長引いている傾向にあります。再婚を望むならできるだけ若いうちに再婚活を始めた方が良いことがわかります。

婚活にお困りなら

結婚相談所relife(リライフ)の
楠村です。

あなたのお悩みを解決します!​

40代バツイチ子持ちの再婚は難しいと考えられている人もいるかもしれませんが、離婚の傷や問題をクリアにして、適切な場所で出会いを求めれば再婚はそれほど難しくはありません。

婚活は若いうちの方が有利ですので、再婚を考えている人は早めに行動しましょう。

婚活でお悩みの方は、一人で抱え込まずに婚活カウセラーに相談してみましょう。

結婚相談所relife(リライフ)へのご入会をご検討の方のために無料相談を承っています。

ご希望の方はお問合せページよりご連絡ください。

婚活コラム

婚活コラム記事をまとめてご紹介しています。気になるページもあわせてご覧ください。

 お気軽にお問合せください

大阪府堺市で再婚・婚活をお考えなら、結婚相談所relife(リライフ)へお気軽にご相談ください。

全国オンライン対応可

お電話でのお問合せはこちら

080-6394-7242

受付時間:10:00〜23:00
定休日:不定休

無料相談予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

080-6394-7242

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

イベント情報

イベント情報はこちらへ

サイドメニュー